NEWS

世界の環境関連ニュース(2021年7月第4週)

家庭用品の大手「ユニリーバ」と食品大手「モンディ」がドライ食品とソースの入った食品用の包装材として、紙ベースの材料を開発した事を発表しています。現在アルミラミネート包装で使われるアルミニウムを紙で代替えします。この新製品は、通常の紙くずリサイクルが可能です。
https://www.mondigroup.com/en/newsroom/press-release/2021/mondi-and-unilever-serve-up-aluminium-free-paper-based-packaging-for-colman-s-meal-makers/

中国で認証されたカーボンクレジットがシンガポールのサイバー取引所を通じて国際的な取引を開始する事が伝えられています。シンガポール本社のデジタル・アセットの取引所である「Cyberdyne Tech Exchange(CTX)」が、中国のカーボンクレジットを独自のカーボンニュートラルトークン(CNT)として取引開始する事が伝えられています。実施されれば、世界最大の炭素市場になる予定と報道されています。CTXはトークンを発行する為に欧州と北アメリカの機関とも交渉中と伝えています。既に欧米中とアジアの金融ハブであるシンガポールでは炭素市場が活発化し、PJTはインド、東アフリカ、南米に多くあります。
https://www.prnewswire.co.uk/news-releases/ctx-to-debut-cross-border-trading-of-tokens-backed-by-china-s-carbon-credits-868163329.html

テスラが世界で自社所有する約2,500の充電ステーションと25,000機の充電ポイントを他社にも開放すると伝えています。EUでは2030年迄にEV販売目標と炭素削減目標を達成する為には家庭を含むおよそ600万機の充電ポイントが必要となっていますが、未だその数字には程遠く、更に現在も充電ポイントの70%はオランダ、フランス、ドイツに集中しています。600万機を設置する場合のコストと原材料はかなりのモノになると予測されています。
https://www.businessgreen.com/news/4034957/tesla-open-global-charging-point-network-ev-brands

アメリカの電池リサイクル企業である「Ecobat社」が、ドイツのヘットシュテットにあるEVリチウムイオン電池リサイクル会社を買収した事が伝えられています。買収された企業は「Promesa社」で、既に3,200トンの(危険な)化合物の取扱い許可を保有しています。今後、家庭用からEVに至る様々なリチウムイオン電池をリサイクルする事を目的にしています。Ecobatは欧州で先行するEVへの対応の為この買収を成長機会に位置付けている、述べています。
https://ecobat.com/2021/07/ecobat-acquires-leading-european-lithium-ion-recycler/

イギリス発のリチウムイオン電池メーカーである「Britishvolt」が北部ノーサンバーランドにリチウムイオン工場を設置する許可を得た事を発表しています。場所はCamboisで、Envision AESCが日産UKの横に立てるギガファクトリーから車で30分程の所です。元々は発電所の石炭貯蔵ヤードがあった敷地を使います。着工は今年秋、生産開始は2023年を見込んでいます。2027年末迄に総容量を30GWhに拡張する予定で、年間生産のセル数は約30万個という事です。イギリスの政府機関の一部である「The UK Battery Industrialisation Centre (UKBIC)」が主導し技術的なバックアップを行います。UKBICは、イギリスのCoventryに所在しており、この近隣にはイギリス最大の自動車メーカーであるジャガーランドローバー、LEVC、BMW(ミニ)、アストンマーティン、ロータス、TATAモーターズなどがあります。
https://britishvolt.com/news/gigaplant-approval-northumberland/

マレーシア産のパーム油が供給不足もあり価格が5月以来の高値になっている事が伝えられています。クアラルンプールの先物が2.2%上昇し、5月12日以来の最高値となりました。マレーシアの生産が持続的に弱まっている兆候が見られるという事です。マレーシア・パーム油協会によると、同国で2番目に大きな粗パーム油生者の産油量が7月の最初の20日間で前月から略11%減少したという事です。
https://www.thestar.com.my/business/business-news/2021/07/27/palm-oil-extends-rally-to-near-record-as-supply-outlook-tightens

米オレゴン州でプラスチックのケミカルリサイクルを行う「Agilyx Corp社」が、技術パートナーとの協力により、臭素系難燃剤を含むポリスチレン(PS)のリサイクルが可能になると発表しています。対象となるプラスチックは、PS、EPS、ABS、SBR、SAN、不飽和ポリエステル樹脂で、臭素化難燃剤を含むPSも含まれます。PS廃棄物は、ケミカルリサイクルによって高純度なスチレンモノマーになります。同社はエクソンモービルと共に廃棄物を管理するJVである「Cyclyx International社」を立てています。プラスチックのケミカルリサイクルには石油化学メーカーの存在が大きいと言えます。
https://news.cision.com/agilyx/r/agilyx-technology-provides-the-capability-to-recycle-of-hundreds-of-thousands-of-tons-of-previously-,c3389513

非鉄金属の世界的大手プロバイダーであり、世界最大の銅リサイクル会社の1社である「Aurubis社」が、ベルギーに湿式製錬リサイクル施設を建設すると発表しています。新しい施設は「Advanced Sludge Processing by Aurubis(ASPA)」と名付けられ、同社のBeerseとLünen(共にドイツ)にあるリサイクル工場からの中間製品であるアノードスラッジを処理します。Aurubisによると、新しい工場ではアノードスラッジからのスズをより迅速に抽出できる、としています。Aurubisは銅リサイクル業を拡大し、年間約100万トンを処理する、としています。
https://www.aurubis.com/en/public-relations/press-releases–news/news/2021/28.07.2021-aspa-aurubis-introduces-more-efficient-way-of-recycling

LiBリサイクルで通常とは異なるアプローチをしている会社が資金調達を発表しています。アメリカの「Redwood Materials社」が7億ドル(約770億円)の外部投資を行う事を発表しています。Redwoodは現在、再生バッテリー材料を製造するプロセスを開発しています。同社はパナソニック、エンビジョンAESC、アマゾン等と提携して、EVやその他のリチウムイオン電池、また電子廃棄物などをリサイクルしています。
https://www.redwoodmaterials.com/press/redwood-materials-announces-700m-external-investment-round

アメリカ鉄鋼協会(AISI)によると、7月下旬の稼働率(稼働率)は84.6%に達しているという事です。2020年比38.4%増となっています。米国内での安定した製品需要は鉄スクラップ市場にも影響し、国内の取引価格が下げづらい状況のようです。
https://www.steel.org/industry-data/

「コカ・コーラユーロパシフィックパートナーズ(CCEP)」が、セルフディスペンサーの市場実験を行う事を発表しています。イノベーティブタップソリューション(ITS)が開発した飲料ディスペンサーを使い、自分で飲み物を注ぎ、機械に支払います。レストラン、カフェ、オフィス、スタジアム、その他の会場で、機械を設置し、顧客はセルフサービスでCCEPの製品を購入できます。顧客はタップで自分の飲み物を補充し、自分が注いだ量の支払いを行います。CCEPの顧客であるテーマパーク、ウォーターパーク、動物園、レジャーセンターで試験運用されます。食料残渣や飲料カップ等の問題から、このような動きが今後も増えてくると見られています。
https://www.cocacolaep.com/media/news/2021/packaging-free-drinks-technology/

アラブ首長国連邦が世界最大のごみ発電所を建設する事が報道されています。この発電プラントはシャルジャに建設予定で、敷地内に緑地を作り、その上に120メガワットの太陽光発電施設を設置し、廃棄物エネルギーから水素を生成してごみ収集車に燃料を供給する予定です。投資資金は11億ドル。プラント建設のエンジニアリング会社は「StantecInc社」です。中東では大変珍しく、世界最大級という事で注目されています。
https://www.arabianbusiness.com/energy/466530-uae-to-build-one-of-worlds-largest-11bn-waste-to-energy-plants

NEWSCON Inc. TEL. 03-3502-1022

営業時間 09:00-18:00
(土日・祝日・年末年始を除きます。)

CONTACTお問合せフォーム